一人目の子どもはすんなりとできたのに

二人目に苦労する場合

 

「二人目不妊」

という言葉がしばしば用いられます。

 

このことをお話しするには、

「不妊ルーム」

での経験をお話しするのが

一番よいと思います。

 

2000年に妊活専門クリニックに

「不妊ルーム」

が開設されて5年ほど経ったころから、

 

一人目を妊娠した方が、

二人目を希望して来られる、

 

というケースがポッポッと出始め、

それが年を追うごとに

増加してきたそうです。

二人目希望 ママ

最近では同じ人が再訪するということが、

なかば当たり前になっているそうです。

 

そして、

一人目は2~3カ月で授かったのに、

二人目で苦労をするという人が

増えているといいます。

 

なぜそうなってしまうのでしょうか?

 

それは少し掘り下げて考えてみれば、

答えは容易に出てきます。

 

実は二人目希望で再訪される人は、

 

一人目ができて4~5年経って

再度来院するというケースが、

圧倒的に多いのです。

 

そうすると当然のことながら、

一人目が30代半ばでできたのであれば、

二人目は、

40歳前後ということになってしまいます。

 

ここで

〃エイジングの壁〃

というものにぶつかってしまうのです。

 

ママが高齢に。

ふたりめ 妊活 赤ちゃん

そしてこうした人たちは、

判で押したように

「もっと早く来るべきだった」

という言葉が。。

 

しかし子どもが一人生まれると、

とても二人目を考えるどころでは

なくなってしまいます。

 

そして子どもがヨチョチ歩きを始め、

やがて保育園、

 

幼稚園などに通いだしたころに、

二人目を考えることになるのです。

ふたりめ 妊活 赤ちゃん2

 

「不妊ルーム」での特徴としては、

一人目を授かる際に、

不妊治療を経験された人は、

 

「もう二度と不妊治療はごめんです!」

というようなことも

判で押したように言われます。

 

しかし、子どもというのは、

言葉を発して自分の意志を

親に伝えることができるようになると、

 

これもまた判で押したように、

「きょうだいが欲しい」

と言うのです。

 

そうしたことが

「二人目不妊」

の人たちを増加させる

要因になっています。

 

数年前の経験ですが、

40歳を過ぎて二人目を

希望して来られた女性の、

忘れられない告白をご紹介します。

 

彼女が言うには、

 

「私自身一人っ子なのですが、

私が幼いころにはきょうだいがいなくても、

親戚などが周りにたくさんいましたので、

一人っ子であることに

淋しい思いをすることは

ありませんでした。

 

しかしこの子が大きくなったころには、

本当に周りに、

誰も知り合いがいなくなってしまうと

思うのです。

 

そうならばせめて、

きょうだいをつくってあげたいと思って

相談にきたのです」

 

ということでした。

 

こうした経験から痛感するのは、

やはり5年前倒しのライフプランニングが

重要ではないかということです。

 

一人目ができて

4~5年経って来るのであれば、

 

もし5年前倒しでプランニングしていれば、

何ら苦労することなく

二人の子どもを授かれたということになります。

 

また若くして親になるということは、

それからの人生に余裕を持てる

ということも意味していると思うのです。

 

さらに二人目希望に関して、

授乳の落とし穴ということも

指摘しておかなければなりません。

 

二人目妊活 ママと赤ちゃん

最近疑問に思っているのですが、

世の中の傾向として

スキンシップを重視するせいか、

 

「子どもがおっぱいを嫌がるまで与えなさい」

という指導が、

なかば当たり前に行われているのです。

 

このことがなぜ問題かというと、

女性が授乳をしているあいだは、

 

日本語で

「乳汁分泌ホルモン」

と訳されるプロラクチンが

たくさん出ているのですが、

 

このプロラクチンには

排卵を抑制する作用もあるからです。

 

つまり、

授乳を行っている期間というのは、

子どもができづらい状態にあるわけです。

 

こうしたことを3年、

4年と続けたとすれば、

女性の年齢にもよりますが、

当然「エイジングの壁」ということに

ぶつかる可能性が高くなります。

 

二人目妊活 ママと赤ちゃん2

授乳に関して、

保健師の方から

興味深い話を聞きました。

 

長期間にわたる授乳を勧めているのは、

実は世界保健機構(WHO)だというのです。

 

先進国ではどの国でも、

少子高齢化は共通の悩みです。

 

しかし、

グローバルな視点で見れば、

地球の人口は増え続けています。

 

ですから人口を抑制する

政策の一環として、

長期の授乳を勧めているというのです。

 

確かに発展途上国においては、

人口増加は深刻な問題ですから、

抑制しなければいけないと思います。

 

しかし、

それぞれの国により事情は違います。

二人目妊活 赤ちゃん

ですから、

私たち日本人は、

日本という国に合った

対応をしていかなければいけないと思います。

 

それには、

周りの誰かが、

かつてのように早期離乳ということも

アドバイスしなければいけないと思うのです。

 

以前であれば、

そうしたことを言ってくれる人が

周りにたくさんいたのかもしれませんが、

今のようにコミュニティというものがなかなか

存在しにくい時代にあっては、

こうした指摘をする人が少ないという

問題点もあるでしょう。

 

いずれにしても、

二人目を考えるのであれば、

一人目とあまりあいだをあけないということが、

これからの妊娠を考えるカップルにとって、

大切な知恵だと私は思いす。

 

 

ふたりめ妊活のママが

愛飲するザクロ。

 

無添加・無農薬で安心。

 

平均年齢37歳

約3,600人の

おめでたの声!

 

全額返金保証があるので

安心して飲めます。

 

にんかつとはTOPへ