高齢出産って幾つから?

高齢出産 子供が欲しい

近頃では30代後半や40代で初めて結婚をする人が増えています。

 

結婚をしたら絶対に子供を産まないといけないわけではありません。

でも、子供が欲しいと思うことも自然なこと。

 

高齢出産のリスクや気を付けることをご紹介します。

 

高齢出産とは

高齢出産の定義はいくつから?

定義

日本産科婦人科学会によると高齢出産とは、35歳以上の初産婦(高齢出産(高年初産))と定義されている。 1993年以前は30歳以上の初産婦であったが、30歳以上の初産婦が増えたこと、WHOをはじめとする諸外国でも同様の定義がなされているため、1991頃から35歳に引き上げられた。

 

35歳以上で初めての出産をする人が高齢出産といわれています。

一昔前から考えると、5歳年齢が引き上げられています。

 

結婚の年齢が昭和と平成では10歳ほど上がっていることを考えれば、5歳だけしか上がってないの?ってイメージでした。

 

医療も断然技術が上がっているので、勝手なイメージですがわたしは40歳以上の初産かと思っていました。

 

 

 

リスク

高齢出産のリスクは、聞いたことがあると思いますがダウン症になりやすいと言われています。

高齢になれば妊娠する確率もグンと下がりますが、ダウン症になる確率がグンと上がります。

 

ダウン症の

25歳の確率は1351人に1人です。

40歳では112人に1人。

 

10倍リスクが上がる事は知っておいたほうが良さそうですね。

 

正直、ここまで変わるとは思っていませんでした。

ダウン症とは

ダウン症は、体細胞の21番染色体が1本多く存在し、計3本(トリソミー症)持つことによって発症する、先天性の症候群です。 21番目の染色体が多いため、21トリソミーとも呼ばれています。 現在の社会では、ダウン症の出生率は増加しています。 現在は医療技術の進歩により、平均寿命も長くなっています。

引用;

ダウン症とは – NPO法人アクセプションズ;https://acceptions.org/?page_id=1076

 

気を付けること

まず、高齢で妊娠をした人がダウン症のリスクが高いからと安易に中絶を選択することは考え直したほうが良いと思います。

無神経な産婦人科医が『ダウン症の可能性も考えて。。。』などと高齢の妊婦さんの不安を煽るような事があり、日本産科婦人科学会は、”エコー検査も出生前診断になり得る”とする指針を打ち出したが、現場の医師にどこまで普及しているかは疑問が残るそうです。

参考;石田東尾ダウン症告白に見る、高齢出産賛美の裏で中絶激増

 

当時の東尾理子さんは36歳。

その時にダウン症の可能性もと告げられたそうです。

 

しかし、ジャガー横田さんは45歳、田中美佐子さんは43歳、神田うのさんも36歳と、高齢出産の有名人が多い事実もあります。

 

リスクが高いことを認識して、セカンドオピニオンを受けてからご夫婦でしっかりと考える必要がありそうです。

 

にんかつとはTOPへ