私が妊活を始めた年齢は30歳を迎えてからでした。

夫は36歳だったので決して若くはない為、

夫婦で協力しなければ結果は生まれないと感じ、

夫に妊活を始めることを告げました。

 

 

f:id:go-tokita:20160508103308p:plain

妊活するにあたって無知だったので

インターネットを通じて情報収集をしました。

 

まず、始めたことは妊娠を妨げる行為を一切止めることです。
煙草、お酒、カフェインは妊活の大敵です。

夫婦揃って全て取り入れていたので

2人で止めることを決意しました。

 

f:id:go-tokita:20160508103346j:plain

 

f:id:go-tokita:20160508103403p:plain

妊娠しやすい身体にする為、

食生活も見直し、

妊活に効果的な食べ物を出来るだけ多く取り入れました。

 

 

ホルモンバランスを整える為に豆腐、

納豆、

ささみなど良質なたんぱく質を積極的に摂り、

子宮の血行を正常に促す為に

鉄分をしっかりと補うよう心がけました。

 

 

夫は精力アップに繋がる亜鉛を含む食材のウナギ、

牡蠣などを定期的に食事に出していましたが金銭的に間に合わず、

納豆やレバーの料理を夕飯に出していました。

 

 

 

夫婦揃って食べていたものは山芋です。
山芋は新陳代謝を活発にし

血液の流れを良くする働きプラス

精力アップ効果があるので納豆と混ぜて食べるようにしました。

 

 

補えない栄養素はサプリメントを使用していました。
私はマカ、葉酸、

夫は牡蠣エキス、マカを飲むようにしました。

 

特にマカは卵巣や卵子の働きを正常にしてくれるので

妊活には欠かせない栄養素なのでお勧めです。

 

 

その他は温活やヨガ、

基礎体温のチェックなど妊活に効果的なことは

全て取り入れました。

 

 

しかし、妊娠は奇跡的なことなので焦っても

上手くはいきません。

 

 

妊活がストレスになり、

夫に八つ当たりをしてしまったこともありました。

 

 

お互いに妊活がプレッシャーに感じ始め、

一年間続けて諦めようと感じていた頃に妊娠しました。

 

 

きっとストレスから解放された結果、

授かったのかもしれません。

 

夫婦で協力し合いながら妊活をすることは

大変重要なことです。

 

 

しかし、その行為が

ストレスやプレッシャーになってしまえば逆効果なので

楽しみながら妊活を行うことが

一番の妊娠への近道なのだと感じています。

 

妊活

にんかつとはTOPへ