卵子に関するとてもショッキングなお話をしなければなりません。
その結論を最初にいってしまうと、

〃卵子は減り続ける〃、

そして

〃卵子は老化する〃

という2つのことです。

f:id:go-tokita:20160417101616p:plain

 

f:id:go-tokita:20160417101628p:plain

出典;浅田レディースクリニック

女性は、

卵巣の中に卵子のもととなる原始卵胞を抱えて生まれてくるわけですが、

その卵子は減少していくのみならず、

体の筋肉、

心臓などのほかの臓器と同じように、

年齢とともに、

加齢、

すなわちエイジングをしていきます。

卵巣の中の卵子は、

初潮を迎えるまで、

いわば休眠状態にあるわけですが、

そうしたあいだにも、

卵子は年を追うごとに静かにエイジングしているのです。

ところで、

女性の生涯で卵子の数が最も多いのは何歳ごろだと思いますか?

 

正解は、胎児の時です。

妊娠6~7ヵ月目の胎児期が女性の生涯を通して一番卵子の数が多く、

両側に合わせて、

700万程度の卵子を持っています。

f:id:go-tokita:20160417101656j:plain

そして、産声をあげて生まれてくるころには、

すでに半分程度にまで減少しているのです。

さらに、その数はひたすら減り続け、

初潮を迎えて、

いわゆる排卵が起きるころには、

卵子の数は生まれた時の雌分の1程度にまで減少しているといわれています。

もっとも人が幼少期から大人になるまで成長するように、

卵巣の中の卵子は、

妊娠する能力のある卵子となるべく成長しているわけです。

これもまた成長というエィジングです。

女性は初潮を迎えるころに、

保健体育の授業などで性に関することを教えられます。

しかし、その時習うことは、

月経のメカニズムと処置の方法、

妊娠の知識や避妊のこと、

性行為に関わる感染症の知識などです。

私がこれまで聞いた限りにおいても、

こうした時間に卵子のエイジングに関する教育を受けたという話は、

ただの一人もいません。

このことが、

不妊の女性が増えた大きな背景になっていると、

痛感しているのです。

f:id:go-tokita:20160417101721p:plain

減り続ける卵子ですが書その減り方は女性が初潮を迎えるとスピードは加速します。

なぜなら女性が1個の卵子を排卵するために、

休眠状態にある卵子

(これは卵胞という袋の中に入っています)が、

1回に数百個も目覚めてしまうからです。

そして、その数百個の中の1個のみが排卵されて、

残りはなくなってしまうのです。

そうしたことを、

女性は閉経に至るまで体内でくり返しています。

卵子の老化の何よりの問題点は、

それを自覚するのが難しいことです。

人は鏡を見れば電肌の艶や筋肉の衰え

そして白髪が増えたことなどによって

自分の老化というものを自覚することができます。

しかし、卵巣はお腹の中の臓器であり、

鏡には映りませんし、

あとで詳しく述べる基礎体温表をつけてみても、

卵子の老化を把握するということは、

なかなかできないのです。

20歳の女性と40歳の女性を比較すれば、

その二人の卵子には20年の開きがありますから、

それぞれ20歳の卵子、

40歳の卵子ということになるわけです。

20代の女性と40代の女性の卵巣の組織写真を見ると、

20代の女性の卵巣には多くの卵子が詰まっているので、

とても密な感じがします。

一方、40代ともなると、

白っぽいものがまだら状に見えます。

f:id:go-tokita:20160417101744j:plain

そうした白っぽい部分は、

本来卵子があったところが排卵したため、

脂肪組織などに置き換わっているということなのです。

すなわち、

20代と40代では、

卵巣の中に残されている卵子の数が、

まったく違うのです。

さらに、数のみならず、

その卵の年齢も違うわけです。

こうしたことは、

これまで学校でも一切教えてもらっていないと思うので、

あなたの頭の中に、

大切な知恵として必ずインプットしてください。

f:id:go-tokita:20160417101807j:plain

 

卵子はすごい

卵子は減ってしかも年をとるというネガティブなお話をしましたが

今度は卵子はとてもすごいというお話をしてみたいと思います。

通常、女性は毎月左右どちらかの卵巣から1個の卵子を排卵するわけですが、

この卵子という細胞は人間のありとあらゆる細胞の中で、

最も大きな細胞なのです。

細胞といえば顕微鏡で観察するというイメージがあります。

例えば精子は顕微鏡を覗かないことには、

その姿を確認することはできません。

しかし卵子は直径が0.1~0.2mですから、

目をこらせば肉眼でも見える大きさなのです。

しかし卵子のすごさは、

その大きさにあるのではありません。

子宮という保育器の中で卵子が順調に育てば、

やがて1つの個体として生を一受けることになります。

人の卵子が人の精子と一受精すれば人が生まれますし、

猫の卵子と猫の精子が一受精すればやはり子猫が生まれてくるわけです。

こうした卵子が1つの個体にまでなりうる能力のことを、

全能性といいます。

すなわち卵子という細胞は自然状態で

全能性を持った唯一の細胞ということができるのです。

そのことは、例えば肝細胞が細胞分裂をしても、

肝細胞にしかならないということと、

非常に対照的だと思います。

 

しかし、卵子が全能性を得るためには、

絶対不可欠な条件があります。

それは1個の精子を取り込む、

すなわち受精が行われるということです。

言い方を変えれば毎月1個の卵子は、

精子との出会いを求めて排卵されるともいえます。

一方の精子のほうもあとで述べますが、

ひたすら1つの卵子を目指して激しい生存競争を行うのです。

この受精という現象を想像する時、

古い話になりますが、

マジンガーZというアニメを思い出します。

 

f:id:go-tokita:20160417101843j:plain

マジンガーZはロボットですが、

自分では動くことはもとより、

手を挙げることすらできない鉄の塊にすぎないのです。

そして頭部にヘリポートのようなスペースがあり、

そこに飛行艇に乗った人間が合体すると、

俄然、悪者どもをやっつけてしまう正義の味方になるのです。

その話が何か精子を取り込んだ卵子と、

私の頭の中で重なるのです。

なぜ卵子が精子を取り込まなければならないかといえば、

精子、卵子以外の細胞は、

すべて核内に23対の染色体が存在しているのですが、

精子と卵子は、その半分の23個の染色体しか持っていないからです。

それが一受精をすることによって、

卵子は精子の染色体を取り込み、

23対の染色体を持った受精卵となる、

すなわちほかの細胞と同じょうに一人前の細胞になるのです。

ですから精子と卵子はともに出会いを求めているともいえます。

その精子と卵子が合体した一受精卵というものが、

どれだけすごいかということは、

話題になったiPS細胞(人工多能性幹細胞)と比較すると、

よりはっきりすると思います。

受精卵は、しばらくすると卵割という細胞分裂が起こり、

2つになり、それが4つになり……、

ということをくり返していきます。

もしも二分割期に左右に引き寄せられて、

2つの細胞に分かれると、

そこから完全な二人の人間、

すなわち一卵性双生児が生まれます。

こうした全能性と呼ばれる能力は、

細胞分裂をくり返して50~80細胞からなる

桑実旺と呼ばれる時期まで保たれるといわれています。

さらに細胞分裂が進み、

細胞の数が100を超えたあたりから、

受精卵すなわち肥に空洞がではいばんほうき、

胚盤胞と呼ばれる状態になります。

この胚盤胞の時期になると、

個々の細胞は、

もはや1つの個体になるということはできません。

しかし胚盤胞の細胞の1つ1つは、

肝細胞になったり、

皮層の細胞になったりと、

いろいろな細胞になる能力を備えています。

こうした能力のことは多能性と呼ばれます。

それがさらに細胞分裂が進み、

器官形成が進むと、

それぞれの細胞に個性が出てきます。

そうした細胞はもはや、

肺は肺、胃は胃になると運命付けられています。

そうなった細胞のことを単能性細胞と呼びます。

京都大学の山中伸弥教授はiPS細胞を樹立し、

2012年にノーベル生理学・医学賞を一受賞しました。

なぜこの研究がすごいのかといえば、

皮層や粘膜といった完全に分化した細胞に、

わずか4つの遺伝子を入れることによって、

いろいろな細胞になる能力を持つ人工的な多能性細胞、

すなわちiPS細胞をつくったからです。

しかし、このiPS細胞に受精卵のような能力を発揮させるのは

難しいのではないでしょうか。

確かに、1個のiPS細胞から、

例えば神経細胞、

白血球などに誘導させることは、

近い将来にできると思います。

しかし、この1個の細胞から、

心臓や腎臓などの臓器をつくるなどといったことは、

かなり長い年月を待たなければならないと、

私は思います。

山中先生がiPS細胞をつくるまでは、

ES細胞と呼ばれる細胞で研究が行われていました。

ES細胞は、体外一受精で余った一受精卵の肱盤胞をバラバラにして、

そこからつくられる細胞なのです。

山中先生がiPS細胞の研究を始める前、

人の受精卵を顕微鏡で見るという機会があったそうです。

その時、その卵が自分の二人の娘さんの姿と重なったそうです。

そして「自分にはこの卵をバラバラに壊すことはできない」、

そう決心したのです。

それが人の体の細胞を使って、

ES細胞と同じような可能性を持った細胞をつくるという

研究の強いモチベーションになったと、

述べています。

私は本当に胸が熱くなりました。
話を卵子に戻すと、

卵子は人の精子を取り込んで合体することによって、

子宮という保育器の中で、

すべての臓器を携えた個体として誕生しうる、

とてもすごい細胞なのです。

 

にんかつとはTOPへ