私は二人目の子供を授かるときに妊活に苦労しました。

f:id:go-tokita:20160508102326j:plain

一人目を妊娠した時は、

25歳のときで、

結婚をして子供が欲しいと思ってから

すぐに授かることができました。

 

妊娠、出産と順調で、

二人目も欲しくなったら

すぐに授かることができるだろうなと思っていました。

 

 

二人目を欲しくなったのは、

29歳になったときでした。

 

まだ30歳前ですし、

また子作りすればすぐに授かると思ったのでが、

排卵日に合わせて子作りをしても

一年以上授かりませんでした。

 

私は急に不安に感じました。

 

どうやったら妊娠しやすくなるのか、

ネットでいろいろ調べて試してみました。

 

ずっと基礎体温を測って妊活をしていたのですが、

それだけでは授からなかったので、

排卵検査薬も使ってみました。

 

排卵日が近づいてきたら、

尿をかけて反応を見るだけなので、

簡単に排卵日も特定できるようになりました。

 

排卵検査薬を半年ほど使っていても、

まだ妊娠はできませんでした。

 

私は次第に不妊治療のことが頭に浮かびました。
一人目が簡単に授かることができたので、

きっとまたすぐに授かれると

心のどこかでまだ思っていました。

 

でも婦人科に行って、

タイミング法から初めてみることにしました。

f:id:go-tokita:20160508102435p:plain

排卵日に合わせて婦人科に受診して、

内診して卵胞の育ちを見ていくというものでした。

 

実際に超音波で見て卵胞の状態が見れたので、

よりよい妊活となりました。

 

 

 

婦人科に通って卵胞チェックをしてみると、

妊娠することができました。

 

私はとても嬉しくなりました。

にんかつとはTOPへ