29歳結婚3年目から

自己流タイミングを半年間行いましたが、

妊娠にいたらず。

 

最後の半年目に

基礎体温がガタガタになり

不正出血が2週間ほど続いたため、

不妊科を受診することを決意しました。

 

 

f:id:go-tokita:20160508103848j:plain

わたしが通院した病院は

市内でも有名な不妊専門病院でした。

 

どうせ通うならば専門の病院にと決めていたので、

迷いなく病院選びが出来ました。

 

同時に冷え症の体質改善の為、

フィットネスジムに週2回2時間ほど通うことにしました。

 

 

いざ通いだすとわかること。
それは有名病院がゆえに非常に、非常に混んでいる。
毎回受付から会計が終わるまで3~4時間はかかります。
実績のある病院だからこそですね。

 

受診1日目に早速血液検査を行いホルモンを調べました。
また卵管造影検査の予約も行いました。

 

検査スピードが速く、

悪い場所があれば1日でも早く知りたい、

進めたいという私の性格にはとても合っていました。

 

2回目受診時には血液検査の結果がわかりました。

 

原因不明の「高プロラクチン血症」。

 

週1回カバサールを飲むことになりました。
また、卵胞を診ていただいたところ

育ちスピードが悪く

未熟で排卵している可能性が高いということで、

生理5日目からクロミッド1錠5日間、

高温期からはデュファストン朝晩1錠ずつ飲むことになりました。

 

 

次の周期から、

卵胞が22mmほどまで育つようになり

高温期も15日ほど維持できるようになりました。

 

薬の力はすごいですね。

f:id:go-tokita:20160508104020p:plain

 

2周期目の生理開始8日目に卵管造影検査をしました。
特につまりは見つかりませんでした。

 

 

検査後はゴールデン期間といわれていますので、

期待していました。

しかし、2~5周期は妊娠しませんでした。

気持ちが沈みかけていた6周期目に妊娠にいたりました。

f:id:go-tokita:20160508104045g:plain

にんかつとはTOPへ