私は妊娠後期になり貧血になりました。
病院では貧血の注射をしたり、

内服をして改善するための治療を行いました。

 

でもやはり医師からは自宅での食事も大切といわれ、

一度栄養士との面談をセッティングされたのです。

 

栄養士の面談の日、

私は不安な気持ちでいっぱいでした。

 

それは貧血と言ったら、

レバーの食事しか思いつかなかったからです。

 

f:id:go-tokita:20160508095311j:plain

正直を言うとレバーは苦手です。
そのためにちょっと不安だったのです。

 

面接に行くと栄養士は

いくつかの食事を準備しておいてくれました。

 

貧血のために食事もいろいろありビックリしました。

レバーもありましたが、貝類、

そしてホウレンソウなどがありますね。

 

もともと海育ちで貝類は好きだったのですが、

妊娠中はNG。。。

 

 

ホウレンソウも

茹でたら味付けを自由にして食べることが出来るので、

食べやすいですよね。

これもすぐに実践できると思いました。

そして問題はレバーです。

 

 

なんと栄養士さんはレバーが苦手という女性が多いので、

調理の仕方を凄く工夫しているということでした。

 

確かに女性はレバーを苦手にしている人は多いと思います。
そこで出されたものは、レバーの空揚げです。

 

 

f:id:go-tokita:20160508095418j:plain

普通の塩コショウの空揚げ、

そしてヨーグルトに付け込んで

少しカレーパウダーを振りかけて

タンドリーチキン風にしたから揚げもありました。

 

またレバーと普通のお肉をミックスして、

普通の空揚げ風というのもありました。

 

やはり栄養士さんがいうには

レバーが一番貧血にはいいそうですね。

 

そのために何とかして食べるのが一番いいけれど、

どれが食べれるか?

 

どういう風にして食べるのがいいか?

というのが一番のポイントだと言われました。

 

実際に食べてみると臭みがなく、

非常に食べやすい。

 

そのために食べ方を教えてもらうと、

これなら家で食べることが出来ると思いました。

 

いくつかのレシピをおしえてもらい、

家で実践です。

 

私の夫もパクパク食べるくらい美味しくて、

それから頻繁にレバーを食べるようになりました。

そのお陰で出産直前も

貧血は悪化することなく経過できて本当によかったです。

にんかつとはTOPへ