私たちは、
妊娠ということを、
本当によく知っているのでしょうか?

 

 

そうしたことを少しここで考えてみたいのです。

男女が知り合い、
付き合って、
やがて結婚に至り、
その後、
妊娠してしばらくして、
出産する。

f:id:go-tokita:20160812121446p:plain

こうしたことはごく自然な流れ、
もっといえば、
当たり前のことだと、
多くの人は思っています。

妊娠は、
男女がセックスを交わすことによって、
女性の体内で精子と卵子が巡り合い、
一受精卵が子宮の中で発育して、
出産に至るという基本的な知識は、
誰もが持っていると思います。

しかし、
この当たり前と思っている現象は、
実は、
〃奇跡の連続の結果〃として起こっているのです。

妊娠とはどういうプロセスをたどるものなのか、
そのことをより詳しく見ていきましょう。

セックスによって、
数億という精子が女性の腫内に放出されます。

しかし、
女性の腫内は、
外界の微生物の侵入などから身を守るために、
弱酸性に保たれています。

精子の主成分はたんぱく質ですから、
そのほとんど、
的%以上が催の中で死んでしまいます。

ところがセックスの際に、
女性の催には頚管粘液というものが大量に分泌されています。

そして、
この頚管粘液と精液の餌は、
同じ弱アルカリ性なのです。

ですから、
その頚管粘液の中にうまく乗り移った精子は、
子宮の収縮によるスポイト現象によって、
子宮の中に吸い込まれます。

こうした精子が生き延びるわけですが、
今度は子宮の中には、
白血球という強敵が待ちかまえているのです。

人間の体は、
自分の体内に存在しないものを異物とみなし、
体の外に排除する、
あるいは殺してしまうといった免疫反応が起こります。

精子は本来、
女性の体内にあるはずがありませんので、
子宮の中に白血球などが動員されて、
精子を排除しようとするのです。

こうした白血球の攻撃を逃れて、
卵管の中に潜り込んだ精子は、
卵管膨大部というところで待ちかまえている1個の卵子を目指して、
自らのシッポを振りながら鞭毛運動によって、
卵子に近づいていきます。

ところが卵子のほうでは、
卵丘細胞という、
いわば卵子を警護している細胞が幾重にも取り囲んでいます。

この卵丘細胞の近くにまでたどり着ける精子はもはや数百程度にまで淘汰されています。

そして、
この卵丘細胞の中をかいくぐって、
一番最初に卵子にたどり着いた精子だけが、
一受精の権利を得るのです。

一方の卵子は、
卵巣の中で数多くの卵子が原始卵胞という状態にあります。

それが、
中枢からのホルモンの刺激で、
一度に数百個程度の卵子が目覚めるわけです。

その卵子にもまたサバイバルレースがあります。

育ってきた数百の卵子の中で、
最も勢いのある卵子、
その卵子が入っている袋のことを主席卵胞といいますが、
その卵胞だけが2カ月の発育期間を経て、
排卵する権利を得るのです。

1個の精子が卵子の中に突入すると、
卵子の細胞膜の性質が変わり、
以後の精子は一受けつけなくなります。

精子は、
アデノシン三リン酸(ATP)というものをエネルギー源として、
卵子を目指してきたわけですが、
たどり着いてしまえば、
もはや運動するためのエネルギーは必要がなくなります。

それで、
たどり着いた1個の精子は、
残ったエネルギーを放出するために、
卵子をくるくると回転させるという現象が観察されています。

これを精子の「生命のダンス」と表現する人もいます。

このように見てくると、
一受精そのものがサバイバルレースの結果として成立しているものであり、
妊娠のスタートラインともいえる一受精は、
まさに奇跡であり、
とても神秘的なことなのです。

余談になりますが私を取材に来たある雑誌の関係者は皇冒妊娠した時は、
エリー卜同士のカップリングだったのに何十年も経つと、
何で私はこ人なに平凡な人間になってしまったのかしら?」と自潮気味に笑っていました。

とにもかくにも妊娠は奇跡の連続という神秘的なことでありこれからお話をしていくことを読んでいただければ、
さらに不思議なことであることがわかっていただけると思います。

 

 

f:id:go-tokita:20160812121523j:plain