女性のカラダは熱を生みだす筋肉が少ない分冷えやすくなっています。

カラダが冷えれば老化をスピードアップさせる血めぐり低下状態になるので、
どのタイプの女性も体を温めることを意識しましょう。

効率よく温めるには、
ポイントを知ることが大切です。

特に温めたい部分はしっかり守ってください。

f:id:go-tokita:20160708112730p:plain

温める際気をつけたいのは締めつけ過ぎないこと」たとえばガードルは腹部をしっかりガードしてくれるように感じますが、
締めつけが強いと逆に血行が悪くなり冷えをまねいてしまうのです。

靴、
ブーツなどもきついと冷えの原因になるので注意を。

また化学繊維は通気性が悪いため、
汗をかいても放出されずにこもってカラダを冷やしてしまうので、
肌に触れるものは天然繊維がベスト。

特に冷やしたくない部分は重ね着をするなどファッションでガードすることももちろんですが、
温めることを生活の中に組み込んで冷やさないということを徹底しましょう。

まず絶対に温めたいのは腹部。

妊活に重要な子宮を温めるということもありますが、
全身の温めのためにも重要なのです。

生命維持として優先順位が高い内臓を冷やしてしまうと、
体は生命の危機を感知して全身の血液を体幹に集結!そのため手足などの冷えが進んでしまうからです。

また手先が冷たくなる人や二眉こりがある人は一肩甲骨の間を温めるのが効果的ですし、
足が冷える人は足首を温めることで緩和できます。

夏でも冷房でカラダが冷えきっている女性は少なくありませんので、
しっかり温めましょう。

同じ温度で温めても乾いた熱よりも、
蒸気のほうがより早く内部まで温めることができます。

美容院やエステなどで蒸しタオルを使って顔やカラダを温めてもらうと、
それだけでも眠くなるほど気持ちいいものですが、
それは自律神経がリラックスモードに切り替わっている証拠。

ストレスがたまっていると自律神経が興奮モードに偏りがち。

でも血流を促すのはリラックスモードなので、
血めぐりアップには自律神経の調整も大切な要素なのです。

蒸気ならじんわり、
そしてしっかり温めながら、
自律神経のスイッチを切り替えることでも血流改善効果が期待できるというわけ。

血めぐりが悪いと肌にもトラブルが起こりがちですが、
蒸気なら肌にもうるおいを与えてくれていいことずくめ。

f:id:go-tokita:20160708112709j:plain

妊活