基礎体温をチェックする

基礎体温をチェックすると、月経・排卵などの女性ホルモンの動きを把握出来ます。

女性ホルモンの動きを把握出来ることは、妊活中・ベビ待ちのママには大変有利です。

お肌のケア・ダイエットなどにも有利です。

自分の体のバイオリズムを知ることが大切です。

f:id:go-tokita:20160521120822j:plain

女性ホルモン

女性ホルモンには二つの女性ホルモンがあります。

  • プロゲステロン
  • エストロゲン

この二つのホルモンの動きを把握することが妊活中・ベビ待ちのママには非常に大事です。

 

プロゲステロン

このプロゲステロンは妊娠準備ホルモンと言われています。

このプロゲステロンが出ると体温が上昇。

排卵が行われている可能性が高い。

 

エストロゲン

女性ホルモンの中でも大事な、健康に必要な女性ホルモンです。

妊活中・ベビ待ちのママにもとっても大事なホルモンです。

子宮内膜を厚くしたりするのもエストロゲンの分泌が正常であるかどうかで変わります。

 

二つの動きを把握すると

排卵が正常に来ているのか?

いつ頃来るのか?

病気などの原因の特定にも有効です。

 

基礎体温の測り方

基礎体温は安静にした状態で測りましょう。

毎日決まった時間帯がベストです。

一番ベストな測り方

  • 毎朝起きた時に測る
  • 口の中で測る
  • 同じ時間に測る

起きた時間が異なっていても、きちんと計測はしておきましょう。

3カ月くらいはデータが欲しいところです。

妊活を始めたら直ぐに取り組むと良いでしょう。

 

基礎体温で何がわかるか?

個人差はありますが、女性には低温相と高温相があります。

その分岐点前後が排卵日になります。

一般的には低温相の最も低い日を排卵日と考えます。

それ以降が高温相と言われています。

  • 生理が始まる
  • 体温が下がる
  • 生理後は低体温が続く
  • 体温が上がり高体温が続く
  • 高体温が20日近く続いているときは妊娠の可能性も

f:id:go-tokita:20160521120848p:plain