妊活とは?

『妊娠を望む人が、妊娠について正しい知識を身につけ、自分の体の状態と相手の体の状態を理解し、前向きに妊娠に向けて活動をすること。』

です。

にんかつ 赤ちゃん

難しく考えることもなく、

妊娠を望む人が

妊娠しやすい身体になるには

どうすればいいのか?

 

きちんとした知識とケアをすること。

 

どのタイミングで夫婦生活を行えば

妊娠をしやすいのか?

 

どういう食事をとればいいのか?

 

足りない栄養素はなに?

 

基礎体温の正しい測り方は?

 

生まれてくる

赤ちゃんが

健康で明るい未来を

提供するために。

妊娠中 おなか

 

どうして妊活が必要か?

夫婦生活をしていれば

妊娠するでしょ??

って思っている人も多いと思います。

 

しかし、

排卵日前後にきちんと

狙いを定め性交をしても

わずか20~30%しか

妊娠する可能性はありません。

おなかの赤ちゃんとお兄ちゃん

 

しかもこのデータは

30歳前後までの

健康な男女のケースです。

 

30歳以上の年齢になると

ドンドンと確率が低くなります。

 

そのために、

正しい知識が必要です。

婦人科 医師

 

不妊治療と妊活の違いは?

一昔前は『妊活』という言葉は

ありませんでした。

 

妊娠を望む夫婦が行うことは

『不妊治療』でした。

 

妊活は少しキャッちーな

軽い感じがします。

 

不妊の定義は

 

不妊(症) infertility, (sterility)
生殖年齢の男女が妊娠を希望し,ある一定期間,避妊することなく通常の性交を継続的に行っているにもかかわらず、妊娠の成立をみない場合を不妊という。

その一定期間については1年というのが一般的である。

なお,妊娠のために医学的介入が必要な場合は期間を問わない.        

引用元;日本産科婦人科学会

http://www.jsog.or.jp/news/html/announce_20150902.html

 

夫婦生活をしているけど

1年妊娠をしないこと。

 

妊活という言葉は

ある製薬会社が作った造語とも

言われています。

 

夫婦で妊娠を意識して

それに向けて前向きな

活動をしはじめたら

妊活中』という

感じでしょうか?

妊活中 夫婦

誰かに

 

『お子さんはまだ?』

 

って聞かれたときに

 

『今、妊活中です。』

 

って軽く回答が出来る感じです。

 

不妊の定義にはまっているわけでもなく、

そろそろ赤ちゃんがほしいねって時から

妊活してますと言えるのではないでしょうか?

 

 

まず何をするのか?

 

まずするべきことは

基礎体温をつけていく

基礎体温をつけて

排卵周期をきちんと認識すること。

 

関連記事

基礎体温表のつけ方

 

 

温活

身体を冷やさないこと。

昔から

『冷えは万病のもと』と

言われています。

 

特に女性の場合は

体が冷えると

女性器官や

女性ホルモンへの影響があります。

冷え性女性

温活をして

血行を良くしましょう。

 

 

関連記事

温活

 

妊活レシピ

妊娠しやすい体にするためにも

妊活に合った食事をすることが

必要です。

レシピを考える女性

妊娠しやすい栄養素を

バランスよく採っていきましょう。

 

妊娠に必要な栄養素の代表は

葉酸です。

 

関連記事

葉酸とは?

 

関連記事

妊活レシピ

 

運動

適度に運動をして

体を活性化する必要があります。

ヨガ

血流を良くして

ストレスを発散。

 

適度な運動は

妊娠してからでは

なかなか出来ません。

 

妊活中に

体を動かすクセをつけましょう。

 

関連記事

運動

 

良質の睡眠

睡眠の質をあげましょう。

しっかりと眠ることは

女性ホルモンのバランスを整えます。

 

自律神経のバランスも整えます。

 

眠りは体の不調を防ぐ

一番の薬です。

良質の睡眠

きちんと眠れているつもりでも

体は休まっていないこともあります。

 

妊活から不妊治療へ

定義でもふれたように

1年妊活をしたけど妊娠しなければ

不妊治療をすすめられるかもしれません。

 

ただ、

深刻になることはなく、

タイミングの問題もあります。

 

妊活をしながら様子を見て

一度専門の医師と相談してみましょう。

不妊治療 相談

 

まとめ

一番大事なことは

夫婦が仲良く

バランスの良い生活をおくること。

 

食事や運動も

バランスが大事です。

 

過度のダイエットなどはNG。

 

ストレスをためない生活を

心がけましょう。

手をつなぐ親子